サンクチュアリ

飽きるまで、期間限定。

推しのアレコレ1


この一週間、激動の一週間でした。

2017年4月29日〜2017年5月5日は
私のヲタク人生、と言うか人生の中でも忘れられない7日間になったんじゃないかなぁ。

 

29日に工藤遥ちゃんの卒業発表がされ、翌日30日にモーニング娘。'17のコンサートで歌って踊る工藤遥ちゃんをみて、本人の口から「卒業します」と聞いて、前回のブログにも書いたけど、「これからも応援するぞ」という前向きな気持ちと「まだまだ歌って踊る姿がみたかったな」という複雑な気持ちでしばらくモヤモヤしてた。

 

けど、5/4〜5/5この二日間でだいぶモヤモヤがとれてようやく完全にとまではいかないけどスッキリした気持ちが戻って来た。

まず、5/4の個別握手会。卒業発表後、コンサートで歌って踊る姿は観られたけど、本人と直接言葉を交わすのは初めてで。

 

4/30のこともあったから、絶対泣いてしまう…と思ってこの日に向けてめっちゃシミュレーションしたけどシミュレーションだけでもう泣けてくるほど情緒不安定。
けど、流石にしんみりした雰囲気では会いたくなかったから、いつも通り明るくふざけた感じで行く!って決めて。

 

まず、チェキ会は本当にいつも通り、下手したらいつもよりふざけてるレベルのテンションで行って、当たり前なんだけどハルちゃんもいつも通りで。
おふざけに対してキレ芸を披露してくれていつものハルちゃんだな〜って思った。

 

握手会はしんみりするのは嫌だけど、この先何回直接伝えられる機会があるのかわからないから、今のうちに伝えたいことは全て伝えよう。と思い、ヲタクのエゴでひたすらに今の気持ちとか色々な想いをおふざけ混ぜつつペラペラ喋った。

 

きっと途切れ途切れで下手くそな文章だったと思うけど、ハルちゃんは言葉一つひとつに「うん、うん、」って目を見て頷いてくれて、少しでもネガティブな言葉がでたら首を横に振って「そんなことない」って言ってくれて。
いつもふざけてばっかりで大好きな気持ちなんて全然伝えられてないのに。

 

「大丈夫。伝わってるよ。」「いつも日頃から伝わってる。」「一緒にふざけるのも楽しいじゃん。」

 

って言ってくれて、「伝わってる」って言葉がすごく嬉しくて心のモヤモヤがパ〜〜って明るくなったみたいに思えた。


最後の1枚はまた来れる保証なんてないのに「またくるね」なんて言っちゃったけど、そうでもしないとやってらんね〜〜〜〜〜〜って感じですよ!!!!


これが、最後でも大丈夫なように、伝えたいことは伝えきった!!!

 

きっとまたホイホイ会いに行く未来の自分の姿が見えるけど、とりあえず今はこれで満足。

 

 

ハルちゃんありがとう〜〜